イヌジマトイヌジマへイコウ2013 11/2+3+4

| コメント(0) | トラックバック(0)

inujima2ikou201311.jpg
イヌジマトイヌジマへイコウ2013
11月2日 13:00〜11月4日 13:00 in 岡山県犬島
(日帰りや1泊のみの参加も可能です。下記詳細参照)

【 集 合 日 時 】2013年11月2日 13時05分     
                      犬島港
 (船着場周辺) に集合  (参照:時刻表) 
                             ※ 宝伝港側ではなく、13:00に宝伝を出て犬島へ向かう船に乗って下さい。

※ 宿と食事の都合で定員をもうけますが、途中参加も可能です。下記詳細参照 
 
【 妖怪イヌジマ 】妖怪イヌジマを 里帰りさせてあげましょう (忘れないで!) 
妖怪イヌジマをまだ飼ってないけど、犬島・妖怪イヌジマに興味のある方も歓迎。
今回は、犬島天満宮アート行灯プロジェクトと一部企画がリンクしています。
  当日スケジュール     http://yoko14145.com/inujima/img/inujima2ikouschedule201311.jpg
    イベントカレンダー http://yoko14145.com/inujima/info/inujima-cal.html


i-yado-aka.jpg犬島自然の家 (11/2.3それぞれ 定員11名、和室団体泊) 
宿泊費:大人1名につき1,400円 男女混合部屋となります。

 ※ 個人でご予約される場合11/2の同施設の洋室は空きがまだあるようです。


コテージ シーマン (11/2.3それぞれ 定員最大10
宿泊費:大人1名での1泊=6,000円、2名での1泊=5000円
3名〃=4333円、4名〃= 4000円、5名〃=
3800円...中略...
10名〃=3300円 数が多いとその分1人頭の料金が安くなります。

※ 団体宿泊になります。
 お風呂は犬島自然の家にあります。 -- お風呂200円・シャワー100円  


※ 個人で宿泊を希望される方は各自で宿泊施設を予約して下さい。 
  今年は瀬戸内国際芸術祭のクライマックスと時期が重なるため各施設込み合いますので、予約はお早めにお願いします。
 



i-syoku.png
2日夕食 (場所:犬島自然の家)
タコ飯カレー+イヌジマにぎり2013
宿泊者で協力して調理  ------------------[食材は主催側で準備]


3日昼食
 (12時):
犬島丼 (600円/定員15名要予約) (場所:在本商店) 

3日夕食(19時半)・3・4日朝食 (
9時)
(※食材費合計 :1500円/1人 上記3食分)

 宿泊者で簡単な朝食を協力して調理 [食材は主催側で準備] (場所:各宿にて)
 夕食時:アルコール類がお好きな方はお好みのものを島に持参ください。

4日昼食:犬島内のカフェで各自 (場所:犬島内)


i-satogaeri-aka.png犬島里帰り
 犬島の名所旧跡を巡ります。(7ヶ所を予定) 
 食事と宿の都合上、定員になりしだい〆切ますが、
  より多くの妖怪イヌジマを
里親と共に里帰りさせるべく、 
  途中参加・日帰り参加・食事持参参加も例年通り歓迎!。


              精 錬 所 入場料 2000円 
               http://www.inujima-ap.jp/jp/seirensho/ 
                    ※ ベネッセの犬島アートプロジェクトの施設です。
               妖怪イヌジマと黒い砂の産まれた場所として、
                「犬島里帰り」でこちらにも入館予定です ( ※有料 )

   島内で開催されている他のアートイベントの展示も島内を巡る際に見る事ができます。
   ご希望の方はフリータイム的に鑑賞いただくこともできます。



犬島天満宮アート行灯
ワークショップ
i-andon2013.jpg
材料費 無料 
 
(行灯の和紙に犬島やイヌジマへの思いを描きます)

ここで制作いただいた行灯は
妖怪イヌジマプロジェクトの行灯として
展示いたします。




11/2の13時から日没までに行灯を組み立てて
天満宮と山神社参道に設置します。
設置スタッフ募集中!

 (このワークショップは犬島天満宮アート行灯プロジェクトと連動しています。
  http://art-andon.info/)

その昔、犬島のお祭りで灯された行灯がありました。
島人が減るにつれ、その伝統は衰退、
やがて島の子ども達の絵を飾るかたちへと姿を変えましたが、
学校の廃校と同時にそれらも終焉を向かえました。

犬島へのそれぞれの思いを行灯に描き灯します
島を想う新たなともしびとなりますように。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoko14145.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/228

コメントする

ウェブページ

Copyright(C) 2005-2016 Yoko ISHII. All rights reserved.